MF3植物性プラセンタのメカニズム

天然植物の成長ホルモンは、細胞の酵素のプロセスを刺激し、
細胞の機能と能力を最大限に引き出します。

哺乳類の場合、胎盤は胎児のための栄養分を作る工場に当たりますが、
植物の葉も植物の養分を作る小さな工場のようです。

葉脈は水や ミネラルを葉に運んだり、養分を葉から他の部分に運んだりします。
葉脈には葉を支える働きもあります。

葉の裏側には、「気孔」と呼ばれる小さな口、または穴があります。
気孔は、葉が空気を取り込む呼吸器の役目を果たします。
気孔は水を蒸散させ、夜間に酸素を放出します。
葉は太陽エネルギーの助けを借りて無機物を養分に変えます。
ちょうど胎盤が胎児に栄養を運ぶのと同じです。


MF3VPカプセルには、アラニン、プロリンといったアミノ酸が豊富に含まれています
アミノ酸は非常に小さい生体分子で、たんぱく質や酵素の主要な構成要素です。
それらのアミノ酸は、遺伝子の働きでたんぱく質となります。

たんぱく質の合成に最も多く使われるのは、2番目に小さなアミノ酸であるアラニンです。
筋肉組織の中に高濃度で含まれています。
余分のアラニンはグルコースに分解され、エネルギーとして使われます。
脳の神経伝達物質の抑制剤または鎮静剤としての働きもあります。
免疫力を高めたり、低血糖症の場合、血液中のグルコース濃度を安定させるのにも使われます。

プロリンはコラーゲンの合成に広く使われています。
コラーゲンは線維性のたんぱく質で、皮膚や軟骨など、結合組織の成分です。
皮膚の線維性結合組織の主成分でもあります。
コラーゲンは長い波型の束状構造を持つ構造たんぱく質の主成分で、
不規則に枝分かれして相互に組み合わさる網目組織を構成し、
皮膚の様々な特性を生み出します。
コラーゲンは、皮膚組織の 75% を占め、皮膚の基礎となる成分です。

また、コラーゲンは真皮の体積の 90% に及び、
皮膚本来の保湿力に加えて、皮膚に強さと柔軟性を与えます。
年を重ねるごとに、また、日光、ストレス、汚染、病気、けがなどの影響で
コラーゲン線維組織はもろく、固くなってゆき、やがてシワやタルミとなって現れます。

皮膚は絶えずコラーゲンを生成するものの、年を取ってくると、
新しいコラーゲンよりも破壊されるコラーゲンのほうが多くなるのです。

アミノ酸連鎖の多くは、プロリンと、プロリンの別構造であるヒドロキシプロリンから
なっています。
ヒドロキシプロリンは、コラーゲン線維生成後に普通のプロリンから作られます。
これはコラーゲンの安定性にとって重要です。


MF3VPカプセルには、このたんぱく合成に重要なアラニンと、
コラーゲン生成に重要なプロリンが豊富に含まれているのです。


☆スイス製プラセンタMFVシリーズ☆
ご購入、詳細はこちら。

【アンチエージング】スイス製MFIII植物プラセンタカプセル【サプリ4U-ドットコム】

■アンチエージング スイス製MFIII植物プラセンタカプセル
■希望小売価格 \16,900
■販売価格 13,200円(税込)
■1箱30カプセル 1カプセル750mg 約1ヵ月分
■製造国 スイス

MFIII羊プラセンタカプセルはこちら
MFVブルーセル美容液(ヒアルロン酸入り)はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。