たるみってどういうこと?

たるみの原因は、年を取るにつれ、
真皮内の膠原線維や弾性線維が衰えてしまうことにあります。
膠原線維や弾性線維が衰えてしまうと、
内側から肌を支えることができなくなることによって
たるみができてしまうのです。

通常、真皮はヒアルロン酸やコラーゲンが水分を保持し、
肌に潤いや張りを与えています。
けれど、老化によりコラーゲンが減少し、水分の保持能力が落ちてくると、肌の弾力も失われ、たるみができやすくなってしまいます。

それからもう一つ、たるみの原因といえるものがあります。

顔のハリを維持するもう一つの要因として、
表情筋と呼ばれる顔の筋肉があります。

この、表情筋が衰えてしまうことも、たるみの原因です。
表情筋は、顔のいろいろな部分に存在し、
真皮層に直接くっついて顔の土台の役目を果たしています。

なので、この表情筋が衰えるということは、
顔のハリを保てなくなりますので、
顔のたるみにとっては、大きな原因の一つです。


ランキング応援おねがいします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21818459