アガリクスを越えるキノコ「チャーガ」とは?

 カバノアナタケは、学名を”Fuscopiria Obliqua”とよび、
カバノアナタケの菌核のことをチャーガ=”Chaga” または ”Tchaga”、
ロシア語名”ЧАГА(チャガ)”と言います。
また、白樺の幹に生えるのが特徴で、白樺茸とも呼ばれています。

サビアナタケ属で、タバコウロコタケ科、キコブタケ科、サルノコシカケ科(
今ではマンネンタケ科という)と近縁に関係し、
ヨーロッパ・ロシア・日本の北部地方の一部の分散する耐寒性のキノコです。

カバノアナタケの子実体は、一般的に見られるキノコの傘を形成せず、
樹皮の下に薄く平たく広がっています。
寄生された木の樹皮の下には、細長いレピューシカ(平たい円形状の食べ物)状
のキノコの褐色果実体ができ、また樹皮の表面では実を結ばない
キノコ形成体が繁殖します。

 カバノアナタケの表面は黒色で、そのコブが幹についているところでは、
比較的柔らかい、明るい色をしています。その外層の下部には、
粒状の褐色の組織が合って、これがカバノアナタケの主要部分を作っています。

カバノアナタケは、まれにカワラハン、ヤマトネリコ、ニレに木などにも寄生しますが、
主にカバノキ類の幹に寄生して育ちます。
そして、注目されるのが寄生した木を枯らしてしまうことで、このため、
カバノアナタケは「ガンのようなキノコ」といわれることもあります。

 見方によっては、それほど生命力の強いキノコといえるのです。

ロシアのノーベル賞作家、ソルジェニツィンの作品「ガン病棟」に、
チャーガが登場し、注目されるようになりました。

 それによると、チャーガは白樺に自生して、ガンのような状態となった菌核で、
これを煎じてお茶代わりに飲んでいるモスクワ郊外のアレクサンドロフ地方の田舎では、
健康な人が多いというのです。

日本でも、アイヌの人たちはこれをタドンの代わりにして火をくべて、
火種用に使っていたといわれています。

 また、アイヌの人や北海道の林業関係者が、健康の為に飲んでいたといわれ、
しかも非常に貴重なキノコとして知られていました。


アガリクスの23倍の抗酸化力を持つチャーガで免疫力をアップしましょう!
美容、ダイエット、老化防止に!
焙煎チャーガ茶
ティーバックなので手軽&いろんな活用方法ができて便利!
毎日飲んで病気知らず【神の茸チャーガのお茶】【これこれ倶楽部】
■商品名 毎日飲んで病気知らず【神の茸チャーガのお茶】
■販売価格 9,975円(税込)
■内容量 2グラム×30包
■原材料 天然カバノアナタケ(ロシア産)

チャーガドリンク
ドリンクタイプなので、吸収性が高い!
プロポリスとキャッツクロウも入って相乗効果で抗酸化・免疫力UP!
免疫力をアップするチャーガ【神食ドリンクタイプ】【これこれ倶楽部】
■商品名 免疫力をアップするチャーガ【神食ドリンクタイプ】
■販売価格 36,750円(税込)
■内容量 100ml.×10本
■原材料 還元麦芽糖水飴、チャーガエキス、環状オリゴ糖、キャッツクロウエキス、水抽出プロポリスエキス、ビフィズス菌エキス末(SOD含有)、酸味料、安定剤(ペクチン)、香料、V.C、dl-アラニン、甘味料(ステビア)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B1、V.B2、葉酸

チャーガ錠剤タイプ
錠剤タイプなので旅行など、持ち運べて続けやすい!
免疫力をアップするチャーガ【神食錠剤タイプ】【これこれ倶楽部】
■商品名 免疫力をアップするチャーガ【神食錠剤タイプ】
■販売価格 50,400円(税込)
■内容量 200mg×420粒
■原材料 チャーガエキスパウダー、デキストリン、ショ糖エステル<召し上がり方>1ヶ月を目安に1日14粒をお召し上がりください。
※神食(しんしょく)はロシア産の天然カバノアナタケの抽出エキスパウダーを使用しています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。